ハワイなどの海外旅行で利用したいレンタカーの借り方とその流れ

安値や利用方法のチェックは大切

旅行においてレンタカーは重要な移動手段のひとつとして注目されています。ネットではお得に利用ができるように安値のプランが紹介されているので、そこでお得に利用ができるプランに巡り合うことができます。ハワイなどの海外旅行でも利用が可能であり、日本語スタッフによって借り方などの利用方法をサポートしてもらえるため、初めての利用であっても安心して利用ができます。

人気の観光地であるハワイで欠かせないレンタカーの借り方を知ろう

女性

基本はクレジットの決済

ハワイのレンタカー利用においては、基本はクレジットの決済となっています。しかし、海外の店舗でのクレジット使用に対して不安を感じる人も少なくないでしょう。安心してクレジットカードの情報が提供できるように、評判やお店のサービス提供における実績を事前に確認しておきたいところです。また、料金システムに関しても把握しておくことが大切です。

女性

繁忙期に向けて早めに予約

多くの人から人気が寄せられているハワイであるため、ホテルやレンタカーの手配は早めに済ませておきたいところです。借り方としては、ネットから申し込むという方法が手っ取り早いでしょう。また、保険も一緒に申し込んでおくことができるため、海外旅行に向けての準備がスムーズに進みます。特に春休みや夏休み、クリスマスなどのシーズンになると需要が高まります。

地図

空港からシャトルバスが運行

空港に到着したら、レンタカーを手配してもらえるよう店舗へ向かう必要があります。しかし、慣れない場所であるとスムーズに行き着くことは難しいです。営業所へスムーズに着くためにはシャトルバスが運行しているお店を選んでおくことがポイントです。返却の際にも同様に対応してもらえるところがほとんどなので、道に迷ってしまう心配がなく、荷物が多くて移動が大変という場合でも安心です。

ハワイでのレンタカー利用に関するギモン

地球儀

どちらの車線を通行するの?

ハワイは右側通行であるため、それに伴い左折や右折の方法も変わってきます。慣れない環境での運転となるため、事前に交通ルールについて把握し、イメージしておいた方が当日の運転で混乱することを抑えられます。地域によっても地元民の運転の特徴が異なる場合もあり、口コミなどで把握しておきたい点でしょう。

運転免許の対応はどうなる?

日本で取得した運転免許証でハワイでの運転も可能です。しかし、国内で管轄の警察署へ事前に運転許可の申請をしておく必要があります。レンタカーの利用方法以外にも確認すべきことは様々であるため、初めての場合は専門スタッフへの相談が重要になります。手続きに関しては数日必要になってくる場合もあり、早めの準備が大切です。

追加で料金は発生しない?

子供がいる場合はチャイルドシートをオプションで利用する必要があり、若い運転手であると追加料金を課すお店もあります。ハワイで展開されているレンタカー会社はとても多く、対応はそれぞれ異なるので、料金システムについてホームページなどでチェックし比較を進めておくことが必要です。

お得に利用するにはどうするべき?

ハワイのレンタカーのお得な借り方としては、早めの予約が挙げられます。それに加え、日本からの予約であると割引してくれるお店もあるので、ハワイへの旅行が決まったら早めに計画を立てておいた方が良いでしょう。セールも開催されているので、そこでお得な利用プランが見つかるかもしれません。

海外での不安をなくすために事前チェックは大切

ハワイでレンタカーを利用するとなると、日本での利用方法と違う点が多くて混乱することもあるでしょう。言語の違いや運転のルールの違いが絡んでくるので、事前に情報を集め、不安に感じる要素をなくしていくことが肝心です。なお、日本からの観光客が多いということで、日本語スタッフがいる観光スポットは増えつつあります。

レンタカーを利用するまでの流れ

ハワイ

予約を取っておく

まずは予約を取るために、ネットや店頭にて借り方を確認します。ハワイでの利用でも、予め日本から進めておくことが可能なので、そこで車種やオプションを選定し申込みを完了させることができます。そのため、旅行当日になっても申込みの手間を省けスムーズに利用ができます。

利用の手続きを進める

ハワイでのレンタカー利用ですが、日本と借り方や利用条件が少々異なります。管轄の警察署で発行した運転免許の証明書を提示する他、パスポートの提示も必要です。不備があると運転ができず、当日の移動に支障をきたしてしまうので忘れてはいけません。これらの流れについてもレンタカー会社によって紹介してもらえます。

帰国に向けて返却の手続きを進める

レンタカーを返却するときには、車の状態やガソリンが補給されているかどうかをチェックします。破損やガソリンの補給が不十分であれば追加で料金が発生してしまい、手続きにも時間が掛かってしまいます。帰りの飛行機の時間まで余裕を持って返却手続きを始めておくことが重要です。

広告募集中