インプラントや裏側矯正を利用~歯科ステーション~

歯科

健康な歯をつくる

病気やケガなどで歯を失ってしまうことがあります。

歯を失ってしまったという場合、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3種類による治療によって失った歯を回復させます。 それでは3種類の治療法について説明していきます。 まず入れ歯は3種類の治療法の中で最も古い歴史を持った治療法です。入れ歯による治療のメリットは、基本的に保険が適応されますので比較的に負担が軽く済みます。そして健康な歯をほとんど削ることなく治療ができます。デメリットとしては固い食べ物が食べにくかったり、発音に問題が出たり、審美性が劣るなどといったことが挙げられます。 続いてブリッジのデメリットは保険適応で治療ができることもある、固定式なので違和感がないなどがあります。 デメリットしては健康な歯を削る必要がある、発音に問題が出ることがある、口腔内が不衛生になりやすいなどがあります。

そして最後にインプラントです。

インプラントは、3種類の中で比較的に歴史の浅い治療方法になります。 しかし治療方法としては最も人気が高く、近年はインプラント治療を選ぶ人が増えています。 その人気のインプラントのメリットは、天然の歯と変わらない美しさ、天然の歯と同じような噛み心地を味わえる、周りの歯を一切削ることがない、などといったことが挙げられます。 デメリットとしては、入れ歯やブリッジと違い、保険の適応がありませんので100%自費診療になるため費用がかかることがデメリットです。 そしてインプラントの場合は手術が必要になります。具体的には、歯茎を切開しドリルで顎の骨に穴を開けて歯の土台となるインプラントを埋め込みます。 そして2〜3ヶ月後に連結部分の装着手術を行い、人工歯を被せるという方法です。 治療期間として3ヶ月〜10ヶ月を要します。