インプラントや裏側矯正を利用~歯科ステーション~

歯科

費用を把握する

優秀だが、概ね保険が適用されないインプラント治療

インプラントは、失った歯を補う治療法の中で最も優秀な治療法として評価されています。ですから、歯を失った際には、真っ先に考えるべき治療法だと言えます。 但し、残念なことに治療にかかる費用は非常に高額です。1本あたりの相場は、30万円くらいはしてしまうのです。 インプラント治療の費用が高額な原因は、保険と深く関係しています。インプラント治療には保険が適用されます。ただ、保険が適用されるのは、ごく僅かなケースのみとなっています。従って、ほとんどのインプラント治療は保険適用外で行われているのです。保険適用外の治療は、かかる費用を全額自己負担しなければならず、それ故に1本30万円という高額な相場になってしまっているのです。 いくら優秀な治療法であっても、1本30万円もするのならば、その治療法は絵に描いた餅となってしまいます。そこでインプラント治療を受ける際には、医療費控除を利用することが一般的になっています。

医療費控除を受けることで、実質、安くなる治療費

医療費控除とは、所得控除の1種です。医療費の支払いが1年間に10万円以上ある場合には、医療費控除を受ける権利があります。そして、医療費控除を受ければ、納める税金の一部が免除されることになります。 つまり、医療費控除を受ければ、治療にかかった費用は治療を受けた時点で負担しなければならないのですが、後々、戻ってくるのです。ですから、実質、治療にかかる費用は安くなるのです。 医療費控除の申請は、確定申告の際に行うこととなります。但し、医療費控除の対象になっていないインプラント治療もありますから注意が必要です。医療費控除を受けるつもりでインプラント治療を受けるのならば、その旨を治療を受ける前に歯医者に伝えておいた方が良いでしょう。